2008年9月28日(日) 

グレイビル先生が米国より来日されました。
名古屋緑福音教会の開拓伝道にご苦労をされた先生をみんなで歓迎しました。
午前の礼拝のご奉仕をしてくださいました。(通訳のご奉仕はS姉です)

また昼食をともにしました。
先生は77歳になられました。どうかいつまでもお元気で!
これからも先生の健康が守られますように皆でお祈りしています。

午前の礼拝の模様




礼拝メッセージ
(ピリピ3:8−15)

3:8 それどころか、私の主であるキリスト・イエスを知っていることのすばらしさのゆえに、いっさいのことを損と思っています。私はキリストのためにすべてのものを捨てて、それらをちりあくたと思っています。それは、私には、キリストを得、また、

3:9 キリストの中にある者と認められ、律法による自分の義ではなくて、キリストを信じる信仰による義、すなわち、信仰に基づいて、神から与えられる義を持つことができる、という望みがあるからです。

3:10 私は、キリストとその復活の力を知り、またキリストの苦しみにあずかることも知って、キリストの死と同じ状態になり、

3:11 どうにかして、死者の中からの復活に達したいのです。

3:12 私は、すでに得たのでもなく、すでに完全にされているのでもありません。ただ捕えようとして、追求しているのです。そして、それを得るようにとキリスト・イエスが私を捕えてくださったのです。

3:13 兄弟たちよ。私は、自分はすでに捕えたなどと考えてはいません。ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、

3:14 キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。

3:15 ですから、成人である者はみな、このような考え方をしましょう。もし、あなたがたがどこかでこれと違った考え方をしているなら、神はそのこともあなたがたに明らかにしてくださいます。
昼食の模様
婦人のご奉仕によって心のこもった
おいしい昼食が用意されました


多くのかたが先生と昼食をともにしました。

ご婦人の方々のご奉仕感謝します。
BICのロゴマークの意味についてあらためて説明してくださいました。